コメントの取捨が重要!芸能人ブログの誹謗中傷対策

2016年10月24日

芸能人が失言をするとブログのコメント欄で中傷される

芸能人が参加しているブログサービスでは、スタッフがコメントの取捨を行うという誹謗中傷対策が行われることがあります。たとえば、芸能人がテレビ番組で失言してしまった場合、それがスポーツ新聞などに掲載され、インターネット上で批判されることがありますよね。ブログをやっている場合、ブログのコメント欄にも批判が殺到します。当然、この批判をそのまま掲載してしまうと炎上がいつまでも収まらず、まったく関係のない誹謗中傷も投稿されるということにつながります。

応援のコメントだけ抽出して表示するという対策

そこでコメント掲載を許可制にするわけです。どういうことかというと、スタッフが投稿されたコメントをすべて読んでチェックします。もし、芸能人をおとしめるようなこと、あるいは誹謗中傷が書かれていた場合は、それらのコメントは不掲載にするわけです。その結果どうなるのかというと、芸能人を応援するコメントが並ぶことになります。この方法はフェアではないと批判されることも多いですが、炎上を鎮火させるには非常に効果的な方法です。

誹謗中傷する人の達成感や自己顕示欲をそぐ

なぜ、中傷が書かれているコメントをすべて排除して、応援のコメントだけを並べるのが対策になるのかというと、誹謗中傷する人の達成感、あるいは目立ちたいという欲などをそぐことができるからです。芸能人を中傷する人は、相手の言動や行動に不快感を抱いたという理由だけではなく、社会的地位にいる人に罵声を浴びせて気持ちよくなりたいといった目的で動くケースもあります。しかし、投稿した文章を芸能人が読む前に削除されると、コメント投稿はまったく無意味な行動になるので、あっさりやめてしまうのです。

自営業の人にとっては誹謗中傷対策は経営上非常に重要なものです。世間には誹謗中傷に関わる問題に特化した弁護士がいるので、場合に応じて利用するとよいでしょう。