多くの人に見られるホームページを作る方法とは!?

2016年8月26日

ホームページとその色について知っておこう!

ホームページを作る場合には、多くの人に読まれることを意識して作る必要がありますね。個人で作るホームページはその人のセンスが問われる所になります。例えば、紫が好きな人の場合はホームページの背景も紫にするのではないでしょうか。ですが、色の効果という物もありますので紫という色が果たしてそのホームページに合っているかどうかはまた別になります。例えば、学習塾のホームページで濃い紫を使ってしまうのはお客さんを逃がすことになりますね。

色の効果について知っておきたいこと

色にはそれぞれ効果があることを知っている人もいるかもしれませんが、多くの人は好きかどうかだけで判断を仕様とします。先ほどの例であれば、学習塾のホームページを作るのに、紫色が好きだからと言う理由で紫にしました。ですが、紫のイメージは夜の商売というイメージが強くなります。濃い色になれば余計にそのイメージは強くなるだけで無く、見づらいのであまり使うべきではありません。学習塾の場合には白か明るい印象を与える水色などを使うべきでしょう。

アルファベットのFの法則を知っていますか?

次に、ホームページの文字や画像の配置について知っておきましょう。トップページには、重要な部分とそうでない部分があります。例えば、そのホームページで一番伝えたいことはどの当たりに書いたらいいでしょうか。あるいは一番伝えたい画像をどこにおいたらいいでしょうか。ここではアルファベットのFの法則を利用するべきです。Fの法則とは、人間は画面を見るときに、Fの文字の書き順のように左上から見ていきます。そうだとすれば、重要な部分は左上か上の方に配置する必要があるわけですね。

レスポンシブデザインされたサイトは、操作方法や画面サイズなどが異なる端末であっても、最適化されて表示されます。