実際に効果が見込める風評被害対策の手段とは

2016年8月24日

基本は適正な基本的情報を一般公開することです

風評被害対策で一番実効性のあるのは、適正な情報そのものを広範囲に一般公開することです。風評被害は、噂が一人歩きしている状態に相当します。したがって、噂を消すことが出来るはっきりとした事実関係を世の中に出すことが一番効き目のある対策といえます。事実関係の前に、風評は意味しません。時間を費やせば段階的に誤解は解けますから、適正な情報拡散を心掛けましょう。事実関係を秘密にしていては、いつになっても風評被害は安定化しません。

落ち着くまでじっくり待つこともひとつの選択肢です

人の噂も七十五日と言いいますが、風評被害においても触らないでおけば近い内に収まる可能性もあります。不用意に言い訳していると無意味に状況が害されることもあります。噂は自ずと姿を消していくものなので、じっくり待ち続けるというのもひとつの選択肢です。待つのみであれば、コストは掛からないので、お金を持ってない場合この手法に越した事は無いでしょう。しかしながら、経済的なダメージに結び付くような場合、待つと状況がより乱れてしまうので気を付ける必要があります。

国に力を借りる手段もあります

農家なら、政府に力を借りるのも効き目のある手段となります。風評被害は収まらなくても、政府より支援金をもらうことが可能ならば損害は緩和できます。経済的損失が出ているケースは、政府に対して力を借りるのが何よりかもしれません。政府においても一般市民を保護する義務がありますし、風評被害によって経済環境を深刻化させるわけにはいきません。ですので、ある程度の努力はします。漁業と関連する方達も、原発トラブル後は政府に対して援助を求めています。

誹謗中傷対策に取り組むにあたり、インターネットの専門知識のある司法書士や弁護士と顧問契約を結ぶことが効果的です。